Life

大哺乳類展から考える分類と系統

大哺乳類展3のテーマ「わけてつなげて大行進」から、分類や系統の本質的な概念を考えていきましょう。分類基準の定義や体系化は、情報システム開発やAI構築にも共通する重要な思考です。
Life

知っておくべき陰謀論

知らないと欺され続ける陰謀論の世界。ビジネスからライフスタイルの確立まで、もはや避けて通ることが出来ない新時代の常識として、陰謀論を考察してみましょう。虚実入り交じり、妄想も織り重なった情報に幻惑されることなく、自らの頭で考えることが重要です。
DX

visionOSから考えるコンピュータの未来

Apple Vision Pro とvisionOS によって、人間とコンピュータはどのような関係になっていくのでしょうか。空間コンピューティングがもたらす世界、AR/VR、メタバース、デジタルツインなど、3D 技術とコンピュータの関係を考えてみましょう。
Life

自然に還る

科学の発展により世界は物質的に豊かになりましたが、精神性は貧弱化する一方で、「今だけ、金だけ、自分だけ」の人間がのさばる社会になってしまいました。そして、グローバリズム勢力が推進する科学信仰と全体主義、管理強化によって人間性が蹂躙されています。我々は自然や伝統に回帰する道、科学と精神性が調和する道を考えるときです。
Life

人間もアップデートしてる?

知らず知らずのうちに洗脳されていませんか。情報化社会では、自ら内省的にアップデートしていかないと、気づかないうちに思わぬ方向に誘導されてしまいます。思考のOSとしての考え方、認識、記憶、信念体系をアップデートしましょう!
Life

野生動物に学ぶ生き方と戦略:ユキヒョウ編

ユキヒョウとの出会いを綴った詩的なドキュメンタリー映画「ベルベット・クイーン〜ユキヒョウを探して〜」を見てきました。過酷な環境でミニマルに生きるユキヒョウから学べる生き方と戦略を考えてみましょう。
Life

野生動物に学ぶ生き方と戦略:ハヤブサ編

現代社会はもの凄い速さで変化しており、即断即決の意志決定と迅速な行動力が求められています。最速動物であるハヤブサの生態、生存戦略、人間との関わり、文化的側面から、我々人間の生き方やビジネス戦略を考えてみましょう。
Life

情報が生死を分ける時代のリテラシー

メディアは権力者による大衆の洗脳装置である。昔から言われていることですが、意識的に調べてみると、あまりの露骨、姑息、執拗、酷さに愕然とする。多面的な情報収集と統合的な判断能力を磨いておかないと、いつのまにかメディアに洗脳されているようなことにもなりかねません。情報弱者にならないため、情報とメディアリテラシーについて考えましょう。
Life

野生動物に学ぶ生き方と戦略:フクロウ編

野生動物に学ぶ生き方と戦略、今回は猛禽類のフクロウについて考えてみましょう。 肉食で生態系の上位に位置する猛禽類は、生息環境に適応した生態をもち、独自の生存戦略を内在しています。弱肉強食の世界観では強者ですが、生息環境への依存度が高...
Biz

経営基盤としてのデータベースを考える

DX = デジタル・トランスフォーメーションは、ビジネス基盤やビジネスモデルに IT 的発想と具体的な IT 技術を導入することに集約されます。そこに近道はなく、意外と地味なことを地道に積み重ねていく必要があります。自社の資産であるデータを守り、戦略的に活用するには、自社でデータベースを戦略的に活用する視点が重要です。
Biz

DX時代の経営と IT 人材戦略を考える

デジタル化が重要な経営課題となり、IT 活用が企業の命運を左右しかねない時代になりました。デジタル化を推進するための IT 人材はどこで確保し、どのように活用していけば良いのでしょうか。働き方、会社への帰属意識も大きく変化する中、直接雇用、人材派遣、外部委託、準委任等、契約形態を含めて多様な人材活用を考えてみましょう。
ART

バスキア展で考えるアートの価値

アートの価値は人それぞれ。個人にとっては自分の感性で好きなものは好きで良い世界です。しかし、社会で共有する評価はどのように醸成していけば良いのでしょうか。教育、収蔵管理、コレクション、キュレーション、ビジネスの各方面から考えてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました