Life

野生動物に学ぶ生き方と戦略:猛禽類・フクロウ編

野生動物に学ぶ生き方と戦略、今回は猛禽類のフクロウについて考えてみましょう。 肉食で生態系の上位に位置する猛禽類は、生息環境に適応した生態をもち、独自の生存戦略を内在しています。弱肉強食の世界観では強者ですが、生息環境への依存度が高...
Biz

経営基盤としてのデータベースを考える

デジタルトランスフォーメーションは、ビジネス基盤やビジネスモデルに IT 的発想と具体的な IT 技術を導入することに還元されます。そこに近道はなく、意外と地道なことを地道に積み重ねていく必要があるのです。ビジネス基盤としてのデータベースを考えましょう。
Biz

IT 人材を活用する

デジタル化が重要な経営課題となり、IT 活用が企業の命運を左右しかねない時代になりました。デジタル化を推進するための IT 人材はどこでどのように確保し、自社の事業に活用していけば良いのでしょうか。直接雇用、派遣契約、外注委託、コンサルタント契約等、多様な形態から考えてみましょう。
Life

バスキア展で考えるアートの価値

アートの価値は人それぞれ。個人にとっては自分の感性で好きなものは好きで良い世界です。しかし、社会で共有する評価はどのように醸成していけば良いのでしょうか。教育、収蔵管理、コレクション、キュレーション、ビジネスの各方面から考えてみましょう。
Life

博物画から見える経済と社会

大航海時代、自然の驚異と多様性に出会った西洋は多くの自然物を収集し、標本や博物画として記録しました。一方、日本では自然や生きものを愛でるものとして、花鳥画を描きました。それぞれの社会背景、文化、精神から、博物画と花鳥画の違いと共通点、自然との向き合い方を考えてみましょう。
IT

クラウドに学ぶビジネス設計

クラウドの代名詞とも言えるAWSからクラウドの活用について考えてみましょう。ITやクラウドのビジネスがどのように設計されているか知ることには、ビジネスや社会インフラを考える上でも重要なヒントがたくさんあります。
Life

大切なものは薮の中

遊び、余裕、無駄、無意味なこと、危険やリスクを許容できなくなった社会や組織は、何か大切なものを失っていくようです。伽藍とバザール、生物多様性などから、管理主義と自由・遊びのバランスについて考えてみましょう。
Biz

やってみなはれ〜プロトタイプ開発〜

ウォーターフォールとアジャイル、PDCAサイクルとOODAループなど、システム開発から事業戦略、経営哲学まで多様な視点から考えます。日本企業が忘れてしまった「やってみなはれ」の精神を思い出しましょう。
Life

生命力はビジネスの源

健康管理してますか? 健康状態はビジネスのパフォーマンスに大きく影響します。長期に渡って成果を出している人はビジネスでもスポーツ・芸能でも、自分に合った健康管理をしているものです。今回は生命力と健康管理について考えましょう。
Biz

スピード重視の時代こそ経営哲学を

逆説的ですがビジネスにスピードが求められる時代だからこそ、長期的展望をベースにした経営理念、経営哲学、未来を創る意志を持つことが重要です。「短期的なトレンドと経営戦略」「長期的な経営理念」との関係から考えてみましょう。
IT

エンジニアのスキル管理を考える

AWS Summit Tokyo 2019 に行ってきました。昨年までは品川の高輪プリンスで一部の会場は人がごった返すほどで危険な状態でしたが、今年は規模を拡大して幕張メッセが会場です。さすがに広々しています。 今回は、展示会の様子...
Life

生命進化に学ぶ生存戦略

早いもので前回の大哺乳類展(2010年)から9年の歳月が経過しました。この間も、人類の活動が多くの生物に影響を及ぼし、その存在を脅かしています。2019年の大哺乳類展2は哺乳類の「生存戦略」をテーマにした企画です。骨格やロコモーションに注...
IT

IT のハンドルを握るのは誰か

IT の重要性が高まる中、ハンドルを握るのは誰かが問われています。現代は、経営判断と意志決定のスピードがビジネスの業績に大きな影響を与える時代です。経営者自らが進むべき方向を決め、会社をドライブしていかなければならないのです。
IT

AWSの認定から考える技術トレンド

技術者としてはもちろんビジネスマンとしても、技術そのものに加えてプラットフォームの動向を見極めることは重要なスキルの一つです。AWSクウラドの資格制度から技術者のコミュニティ形成、プラットフォームの選択を考えてみましょう。
Life

科学かアートか〜デジタル化の本質〜

デジタルとアナログ、科学とアート、論理と感性、STEM/STEAM教育、DX=デジタル・トランスフォーメーションなど、デジタル化・IT技術の活用について、人間性や感性、教育の視点から考えてみましょう。
Life

プロフィール

概要 佐藤 良晴 昭和40年、東京都江東区生まれ。1996年に八ヶ岳南麓へ移住。IT の活用により、独立起業・地方移住など、新しい働き方・生き方を開拓してきた。 現在は、標高 900 mの...
タイトルとURLをコピーしました